三十路OLの1人暮らしのお役に立ち隊

鼻の毛穴と黒ずみが気になる!原因や正しいケアの方法は?

お風呂上りのスッピンになったとき、あれ?小鼻が黒ずんでる!と思うことはありませんか?

毎日洗顔しているのに、気付けば黒ずむ鼻。

一度黒ずんでしまうと、なかなか汚れが落ちませんよね。

今回は、鼻の黒ずむ原因やお勧めのケアをご紹介していきます。

 

  <スポンサーリンク>

 

 

 

鼻の黒ずみの原因は!?

ちゃんと綺麗に洗顔しても、洗顔後すぐに保湿をしても、黒ずみが目立つ毛穴。どうして、黒ずみは出来るのでしょうか?まずは、原因を見ていきましょう。

 

【原因➀】毛穴が開いてしまっている


保湿が足りていない乾燥状態の肌に多く見られます。

著しい水分量の低下は、過度な油分の分泌を促し、毛穴が次第に開いてきます。しぼんだような状態になり、ハリが失われます。キメの乱れた表皮は、更に毛穴も開きます。

 

【原因➁】古い角質や汚れが溜まっている


毛穴に存在する古い角質や汚れ、アカが空気に触れると酸化し、角栓と呼ばれるものとなって毛穴に溜まっていきます。この角栓は、外部の細菌などから皮膚を守ってくれる役割を果たす一方で、段々と蓄積されていくと、毛穴を塞いでしまうようになります。

角栓が酸化して溜まっていくとと、イチゴ鼻のような黒いポツポツが目立つようになります。

 

【原因➂】皮脂分・油分が多すぎる


鼻の毛穴は、顔表面で一番突飛しており、外気や刺激を感じやすい箇所です。例えば、風邪を引いて鼻をかんだ場合、ティッシュの摩擦によって刺激され、必要以上の油分を出すようになります。

洗顔後に、保湿を行わなかった場合も同じく、油分が足りていない!と認識され、過剰な油分を分泌してしまいます。

 

【原因➃】メラニンが蓄積している


紫外線を浴びることで作られたメラニンは、皮膚の生まれ変わり=ターンオーバーと共に自然に剥がれ落ちていくものです。しかし、何かしらの理由により、このターンオーバーの波に乗れなかったメラニンが、皮膚表皮にとどまり、黒ずみとして目立つようになります。

 

【危険!】4つの原因は複雑に絡み合っている


この4つの鼻が黒ずむ原因は、複雑に絡み合っているんです。

【保湿を怠る→乾燥する→→毛穴が開く→→→油分か過剰に分泌される→毛穴が詰まる】

こんな悪循環サイクルをどこかで断ち切る必要があります。

 

  <スポンサーリンク>

 

 

 

毛穴の黒ずみを根本から解決する

毛穴の黒ずみをなくすためには、まず日々のケアが大切です。

 

汚れを落とすクレンジングと洗顔


ここが基本です。毎日きちんと、クレンジングと洗顔を行いましょう。毛穴を開いた状態で、クレンジングをしてあげると、それだけでも鼻の黒ずみは改善されます。

強くこすらず、やさしくマッサージするように行いましょう。

ただ、一度詰まってしまった汚れは、クレンジングや洗顔を丁寧にしても表面の汚れを落とすだけで、効果がありません。

 

小鼻が黒ずんできたら・・・


きちんと洗顔をしていても、落としきれていない汚れが蓄積すると、すぐ黒ずみのような状態になります。そうなったら、下記の方法を試してみましょう。どれも、毛穴が開いた状態で行った方が効果的のため、お風呂時や蒸しタオルで温めてから行いましょう。

 

➀綿棒+オリーブオイル


用意するものは、綿棒とオリーブオイルです。オリーブオイルは、ご自宅にある食用のもので構いません。綿棒につけたオリーブオイルで、鼻をクルクルとマッサージしていきます。

オリーブオイルは、オレイン酸という角栓に近い油分が含まれており、しっかり馴染んで一緒に汚れを落としてくれます。乾燥肌や敏感な肌の方は、ピーリングより、オイルが保湿をしてくれるこの方法が、お肌への負担は少ないです。

 

➁オロナイン+毛穴すっきりパック


ニキビを治すときに使用するオロナインが、実は角栓のケアにもお使いいただけます。洗顔後に、オロナインを鼻に塗ります。量は、鼻が白く覆われる程度です。その後5分ほど、おいておきます。

水で洗い流した後、毛穴すっきりパックをします。すると・・・汚れがビッシリ!

オロナインのみのやり方もあるようですが、私はあまり効果が感じられませんでした。それより、オロナインで、汚れを浮かしてから、毛穴すっきりパックで取り除くという方法が良いようです。

毛穴すっきりパックは、無理やりはがす感じがお肌に悪いと思われがちですが、美のカリスマIKKOさんも1ヶ月に1回程度なら使用してよいとおっしゃってました。根元から角栓を除去するには、やはり毛穴すっきりパックは効果絶大です。毛穴すっきりパックをした後は、しっかり保湿しましょう。

 

➂重曹パック


重曹には、食品にも使われますし、安全な物質と言えます。また、研磨する効果が高いため、毛穴のつまりや汚れを落としてくれます。

やり方は、重曹を水で薄め、垂れない程度のペースト状にします。水は、ちょっとで大丈夫です。入れすぎると、なかなかペーストになりません!!

鼻に塗って10分程度おきます。カピカピになったら、ぬるま湯で洗い流して完了です。感覚としては、途中で固まってきて、粘土を鼻にのせている感じです。オロナインのような独特の香りはせず、無臭ですので、香りが苦手な方は、こちらの重曹パックの方が良いかもしれません。

ただ、確かに見事に黒ずみはなくなりますが、つっぱっている感触があるので、敏感肌の方には、あまりおススメしません。

※ここでご紹介した方法は、効果に個人差があります。個人の責任の下、お試しください。

 

開いた毛穴は元に戻らないの?


一度開いてしまった毛穴を元に戻すのは、大変!!!

毛穴の数って赤ちゃんの時から変わっておらず、人によっても、さほど差がありません。ただ、毛穴の大きさは、遺伝的な要素も多く含まれており、一度、開いてしまった毛穴を引き締めるためには、肌のキメから整える必要があるため、とても大変です。

ただ、”毛穴を引き締める”ということにフォーカスするならば、下記の方法がお勧めです。

■ 毛穴を引き締める方法 ■

  • 洗顔後、炭酸水をコットンに浸して5分程度鼻にパックをする
  • 古い角質を取る除くために、ピーリングを行う
  • 基礎化粧品で整えたのち、冷蔵庫で冷やしたスプーンを鼻に当てる

 

 

鼻の黒ずみを取る除く方法!~私の場合~

私は、週に1回鼻の黒ずみケアを行うようにしています。過度なケアは、必要な油分を奪ってしまう可能性がありますので、週1回~2週間に1回のペースで行うようにしましょう。

いろいろ試してみましたが、今はこちらに落ち着いています。

 

【STEP 1】蒸しタオルで、鼻の毛穴を開く 


電子レンジで温めた蒸しタオルを準備します。ハンドタオルを水で充分に湿らせ、500~600Wのレンジで約30秒程度温めます。タオルの温めすぎや、火傷にはお気を付けください。

呼吸が出来るように、顔の上半分のみにタオルをのせます。上からサランラップをかけてあげると、蒸気が逃げずにさらに効果的です。

約5分後、タオルをはずしましょう。

【STEP 2】綿棒にピーリング剤をつけてマッサージをする


ピーリング剤を鼻につけて、まずは、優しく手で馴染ませます。その後、黒ずみが気になるところを綿棒でクルクル円を描きながら汚れを落としていきます。出来る限り、蒸しタオルをはずしてからあまり時間が経っていない方がよいです。

毛穴が開いた状態から、ピーリングをしてあげることで、毛穴の根元から汚れや垢を落とすことが出来ます。

 

私のおすすめピーリング


ハワイアンボタニカルシリーズのLAKIというものです。今までいろんなピーリングを使ってきましたが、肌を擦る感覚が強く、使用後に赤くなったり、肌に負担を感じていました。

このLAKIは、優しくマッサージをしてあげると、ポロポロと古い角質が落ちてきて、肌のトーンがぐんと上がります。鼻の黒ずみだけでなく、小鼻横の赤みを気にならなくなりました。

使用後も、赤くなったり、ヒリヒリすることはありませんので、お勧めです。

こちらで詳しくご覧いただけます。

ハワイアンボタニカル LAKI

 

【STEP 3】しっかり保湿をしましょう


ピーリング剤をぬるま湯で洗い流したら、素早く化粧水を肌にのせます。肌には優しいピーリング剤とはいえ、擦ったり、角栓を取り除いた後は、多少なりとも肌に負担がかかってます。

基礎化粧品で優しくコーティングしてあげることで、ピーリングの効果が更に上がります。

 

まめなケアを心掛けましょう!


ちょっとケアを怠ると、すぐに毛穴に汚れが詰まってしまいます。定期的なケアと、自分に合った方法を見つけて、綺麗な小鼻を手に入れましょう!

 

 

  <スポンサーリンク>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このエントリーをはてなブックマークに追加